ZIL520 & GR86

主に車関連、キャンピングカー関連のカスタマイズ、日々の出来事を書いて参ります。

グレータンク排水、ボイラー水抜き

容易に排水できる一戸建てならよいのですが、 マンション住まいで停めているのはちょっと離れた月極駐車場なので、給排水は工夫が必要です。

 

特に排水はその辺にぶちまけるわけにもいかず、バケツなりタンクなりで受けてから、自宅で排水となります。

 

グレータンクには納車説明時の水が入っていたので抜く必要がありました。

今回は綺麗な水なのでバケツにためてから排水口へ捨てます。予めホースを買っておきました。サイズは40のようです。長さは1.2mでちょうどよかったです。グレータンクの高低差があるので、多少高さがあるバケツでも重力のおかげで全量抜き取れます。 

 

 

ボイラーの水抜きは車両説明時15分程度かかると言ってましたが、完全に抜けるには数時間かかりました。
抜ける水量も10リットル程度でボイラーのタンク容量全てが抜けているとは思えません。やり方が悪いのか?

 

そしてホースがかなり高い位置にあるため、ずっとびちゃびちゃと音を立てていて、綺麗な水だとわかってても、月極駐車場で垂れ流しするには抵抗があります。受けもバケツだとちょっと小さいですし、車体下のスペースが狭くてバケツも入りません。

f:id:nagasawa0129:20210426153932j:plain

こちらも延長したいのですが、グレータンクと車体側面の間に通してあるので隙間に手が入りませんので、 排水時のみ雨樋のようなもので水を誘導してバケツへ。

f:id:nagasawa0129:20210504174945j:plain

自宅になぜか余っていたクーラーの配管カバーがちょうど良い大きさだったので、1m程度に切断して使うことにしました。

これでビチャビチャ音も、はみ出す水の量もだいぶ軽減できました。