ZIL520 & GR86

主に車関連、キャンピングカー関連のカスタマイズ、日々の出来事を書いて参ります。

スポットLEDライトの故障原因

故障で交換したLEDスポットライトは、バンテックさんから「故障パーツは廃棄してください。」ということだったので、捨てる前に原因究明してみました。

leek2-301.hatenablog.com

 

12Vの電圧をかけると、本来LED素子には3V~5V程度の降圧した電圧がかかるはずですが、0.28Vしかでていませんでした。

レギュレータの不具合ですかね。

f:id:nagasawa0129:20220106154309j:plain

直接電圧かけてあげると点灯したので、LED素子自体は生きているようです。

家庭用のLED電球もLED素子の寿命より、制御基板が先に逝ってしまうというのはよくあるので、今回もそんな気がしていました。

f:id:nagasawa0129:20220106154317j:plain

 

仕様はよくわかりませんが、パーツには1.4Wと記載があります。

 

amazonで売ってるレギュレータ組み込んでもいいのですが、古い1.5W出力程度のUSBアダプタに接続すればそのまま使えそうです。

最近のモバイルバッテリーだと2.1A程度出力があるので強すぎます。

f:id:nagasawa0129:20220106154325j:plain

まぁ壊れたら壊れたで、、、、

ということで、自宅の非常用スポットライトとして余生を送ることにしました。