ZIL520 & GR86

主に車関連、キャンピングカー関連のカスタマイズ、日々の出来事を書いて参ります。

【ZIL520】EcoFlowのポタ電とAlternator Charger

EcoFlowからAlternator Chargerというものが発売されました。

EcoFlow 800W Alternator Charger 走行充電器 カーチャージャー バッテリー充電器 オルタネーターチャージャー キャンピングカー ポータブル電源併用可能 急速充電 アプリ対応 エコフロー

価格:88000円
(2024/6/13 07:06時点)
感想(3件)

新発売となってますが、キャンピングカーパーツセンターにも取り扱いがありましたので、もしかすると新型のZILシリーズで採用されているILISシステムでは使われているものかもしれません。(見たことないので憶測です

 

Alternator Chargerの商品説明を見るとオルタネータの余剰電力を云々とあり、配線が面倒なのかと思いましたが、接続自体はメインバッテリ、若しくはサブバッテリに接続するだけでOKなようです。

 

 

ZIL520も納車されてから早3年。サブバッテリの容量が若干減ってきていたので、そろそろ交換検討の時期です。

サブバ本体をリン酸鉄リチウムバッテリに載せ替えを検討していたところではありますが、それなりの品質と容量を確保するには結構な投資が必要なので、このシステムを導入してサブバッテリの延命を図りたい所。

440Wソーラーも天井に載っているので、そこまでへたっているわけでもないですし。

 

 

 

 

 

というわけでポチりました。

 

 

 

 

 

DELTA2 Proのセットが良いなぁとは思ったんですが、重量が約45kg。

ポタ電自体をキャンピングカーに載せっぱなしにするわけにもいかないので、重量の軽いDELTA2 Maxにしました。容量自体はエクストラバッテリで増設できるので、可搬性を重視しています。

EcoFlow Alternator Charger 走行充電器 DELTA 2 Max 2048Wh ポータブル電源セット カーチャージャー オルタネーターチャージャー バッテリー充電器 キャンピングカー 車 急速充電 アプリ対応 エコフロー

価格:331870円
(2024/6/13 07:05時点)
感想(0件)

 

このポタ電。基本的に全ての操作はスマホから行うようで、本体側には電源関連のボタンしかありません。

AC充電は高速充電モードを使用すると1600Wで充電出来ますが、下手するとブレーカーが落ちるかも知れません。

最近の住宅の分岐ブレーカーは20Aなので、同系統で大きい電気を使ってなければ問題ないとは思いますが、アプリで入力電力を制限しておいた方がよいでしょう。デフォルトでフルパワーで充電しようとします。

 

最初設定が変更ができず悩んだのですが、

本体のAC入力口の横に物理スイッチがあるので、そちらをOFFにすることでアプリ側で設定を変更できるようになります。



 

AC充電スピードの値の横に【>】が表示されます。

設定はスライダで任意の電力に移動するだけ。中途半端な値でも100W単位で丸めた値に設定されます。

 

Alternator Chagerの能力は最大で800W(14.4Vで入力時55A)の充電が可能ということで、1000Wh級であれば1.3時間。DELTA2 Maxの2000Wh級で2.6時間で満充電となります。

自宅からだと北関東に出かけるくらいで満タンになる計算です。実際の運用では自宅で満タンにしてから出かけるので、2泊以上する場合に威力を発揮しそうですね。

 

ソーラーの入力は2系統。

端子はXT60コネクタなので、極性さえ気をつければ市販のパネルでも問題なさそう。



 

さて、目当てのAlternator Chargerですが、注文が殺到しているのか注文した時点で6月下旬の出荷となっており、2週間ほど待たされました。

Delta2 Maxだけ先に送られてきました。

Alternator Chargerの設置はまだ先になりそうです。