2021/7/31~8/2 斑尾高原キャンピングパーク

7/31から2泊で斑尾高原キャンピングパークに行ってきました。

過去数回訪れていますが、ZIL520に乗り換えてからは初めての来訪です。

 

この状況下であっても盛況のようで、土日はサイトがほぼ埋まってました。

f:id:nagasawa0129:20210803082331j:plain

 

今回はパワーデッキサイトの1番でした。以前にも使用した場所です。すぐ隣にボイラー棟があるので、気になる方は避けた方がよいでしょう。

f:id:nagasawa0129:20210803084221j:plain

 

ですが、この場所は目の前にWifiスポットがあるので、電波の入りはよいです。

f:id:nagasawa0129:20210803084355j:plain

 

 速度は概ね下り10Mbps前後のようです。動画とか見るには十分なレベルですね。

f:id:nagasawa0129:20210803085015p:plain

 

これまでLEEK2の時は気にはしていなかったのですが、グレータンクがでかくなったり、トイレが装備されたことでダンプステーションの有無が気になるようになりました。

Webページに記載があったので管理人さんに聞いてみたところ、奥のトイレに場所があるということでした。
f:id:nagasawa0129:20210803084410j:plain

普段はこの鉄板(結構重い)で塞いであります。その下のプラ製のフタを外して捨てるようです。

パワーデッキサイトの1番からだと約300mくらいです。

f:id:nagasawa0129:20210803085644p:plain

 

出発当日に調べたら、ウェザーニューズの予報だと3日間晴れはなしということでしたので、特にリクリエーション系のものは持って行かなかったのですが、実際は3日間快晴。

近くに雲底の黒い雲が見えますが、雨が降ることは一度もありませんでした。

f:id:nagasawa0129:20210803084305j:plain

現地で改めて天気予報確認してみると、雨マークちらほらありますが、基本は晴れ。

f:id:nagasawa0129:20210803084321p:plain

現在地が妙高ってなってますが、パワーデッキサイトは長野ですが、裏側は新潟です。

f:id:nagasawa0129:20210803090339j:plain

気温は予報と全然違う。当たらなすぎです。

f:id:nagasawa0129:20210803084330j:plain

 

今回食事は凝ったものを作る予定はなかったので、一日目の夕食は定番の焼き肉。

二日目の朝は残ったウィンナーと目玉焼き。

f:id:nagasawa0129:20210803084246j:plain

 二日目夕食は、娘に作り方を教えながら作ったカレー。どっちかというとこれがメインだったかもしれません。そろそろ学校で飯盒炊さんやったりするのかな。

ですが、カレールーを忘れるというポカをやらかしたので、売店で300円という価格のバーモントカレーを購入しました(T-T)

f:id:nagasawa0129:20210803084433j:plain

カレーだけだとつまらないのでアヒージョもつくりました。うまかった。

f:id:nagasawa0129:20210803084447j:plain

 

今回老犬のコタローくんにはちょっと辛かったみたいで、お腹を下してしまいました。

2日目の夕方くらいから血便混じりで、状態がかなり酷く、翌朝管理等が開くと同時にチェックアウト。

日中外は暑かったので、昼間はエアコンの効いた車内にいたのですが、ZIL520にまだ慣れていないこともあり、ちょっとストレスになってしまったのかもしれません。

 

中々寝付かないので抱っこしてあげると膝枕でウトウト。
f:id:nagasawa0129:20210803084200j:plain

 

私はいつもバンクベッドで寝てるのですが、二日目の夜は始めてダイネットをベッド展開しました。寝心地はこっちの方が断然よかったです。

 

 

今回、コタローくんの体調不良に加えて、もう一つハプニングが、、、、。

 

 

斑尾高原はかなり標高が高いです。当然、山を登った分下らないとならないのですが、かなりの急坂な上にきつい連続カーブが続きます。

エンブレを多用して速度を落としていた(前走していたハイエースの園児バスよりも遅い速度)のですが、勾配がキツいのでフットブレーキを使う頻度も多く、下りている途中から効きが徐々に悪化していき、フェード気味になっていきました。

 

麓に着いて信号待ちで止まった時に、ブレーキから煙りが。。。。LEEK2の時より気を遣っていたのですが、長い下りが続く場合は、夏場は特に待避場所見つけて休憩しながら下りないとダメですね。車重も重いですし。。。

 

高速入口付近のコスモ石油で給油して、道の駅でブレーキ冷却のため小休止。ホイールのナットが100度近くになってました。。。。

休憩がてらお蕎麦食べていこうとおもったら、コロナの影響で営業時間が変更され、おそば屋さん開いてませんでした。。。

 

 

往路は約300kmで燃費は7.33km。上り坂が連続したのでまぁこんなもんでしょう。

f:id:nagasawa0129:20210803091806j:plain

ODDは2345km。

f:id:nagasawa0129:20210803091820j:plain

 

 

 

 

【キャンピングカールーティン】生活用水タンク給水

明日から外出するので、生活用水タンクに給水してきました。

車内は熱々です。

f:id:nagasawa0129:20210730125513j:plain

一戸建てとかであれば、出発前に水道からホースで直接給水できるのでしょうけど、マンション住まいで月極駐車場を借りているので、そんなことは出来るわけもなく。

 

水は自宅からポリタンクで運ぶしかありません。現地で汲んでも良いのですが、滅多にありませんが、場所によっては引用不可とか、直接給水できなかったりするので、出発前にタンクは満タンにするようにしています。ボイラーにも予め水入れておかないとお湯作れませんし。

毎度20Lのタンクを台車に載せて運んでます。

f:id:nagasawa0129:20210730155709j:plain

 

 

かさばりますが、これ2つと清水用の20Lタンクで前日に60L、出発前に不足分を補充という感じです。

 

 

さすがに20Lの水を満タンにしたポリタンクをZILの給水口まで持ち上げると、腰がやられてしまいますので、100Vで動く揚水ポンプを使用して給水しています。

 ただ、一回り大きくて購入したポリタンクにはそのまま投入できませんので、ポリタンク側にちょっと切れ込みを入れています。

また、ポンプの底のフィルター(?)が外れるので、その状態であればなんとか入ります。

 

吐出量が1200L/hなので、20Lで1分くらいです。

清水用タンクは加工するわけには行かないので、元々のポンプを使って組み上げます。

leek2-301.hatenablog.com

 

ポンプの能力は低いので若干余計に時間かかりますが、まぁ仕方ないでしょう。

前回まで、車内の100Vを使ってたのですが、車外にコードを引っ張ってくるのが少し面倒なので、今回はポタ電に変更。消費電力小さいので十分動きます。

 


www.youtube.com

 

 

ボイラーへの組み上げでポンプを長時間回しましたが、サブバは全然減ってませんね。というか天気が良いのでソーラーで充電されたのでしょう。 

f:id:nagasawa0129:20210730125529j:plain

 

先日のエアコン検証でリチウムは酷使したあと、フル充電されていなかったので、明日に備えてソーラーを切り替えてきました。

leek2-301.hatenablog.com

夏だけ載せる バゲッジの17Lの冷蔵庫は、リチウム側から電源取ってるので、満タンにしておきます。

f:id:nagasawa0129:20210730125541j:plain

 

257W。いや、すごいです。20Aまであと少し。

フレキシブルソーラーでここまで高効率なのは初めて見たかもしれない。1時間くらいで満タンになりますね。

f:id:nagasawa0129:20210730125559j:plain

 

さぁ、明日は久しぶりの斑尾で2泊。生憎の雨模様!

斑尾で晴れたことってないかもしれない。。。

サブバッテリーのみでエアコン使用時間の検証(ソーラーあり)

4連休は遠出の予定もなく、市民プールに子供を連れて行ったくらいですが、毎日暑く最終日も酷暑です。

 

ZILの改良計画もあったのですが、あまりにも暑いのでエアコンのサブバオンリー(ソーラー有り)を追加検証してみようと思い、車に入ると地獄。

f:id:nagasawa0129:20210725161209p:plain

乗用車に比べれば温度は低いですが、バンクベッドは40度超え。トイレはベンチレーターが常に回っているので一番すずしいですね。

 

前回の測定の時も快晴でしたが、午前中から測定開始しましたが、今回は一番気温の高い13時過ぎから2時間程度です。

leek2-301.hatenablog.com

 

コントローラ上の入力(充電)は最大で17A前後でした。ソーラーなしでエアコン稼働時のバッテリーからの持ち出しは54Aくらいだったので、差し引き35A前後の持ち出しになるはずです。

 

動画も測定してたのですが、失敗してしまいましたのでデータだけ。

13:17 バッテリ満タン(残量200Ah)で測定開始

 

予想通り、フル稼働時の消費電流は35A前後でした。

 

90分ほどで設定温度に達しました。今日は日差しが強かったこともあり、中々温度が下がりませんでした。


15:23 ソーラーの充電が勝るタイミングもあったので測定終了しました。

 

ソーラーあり/なしでの、結果比較はこのような感じになりました。

f:id:nagasawa0129:20210725164328p:plain

測定条件が違うので単純に比較はできませんが、ソーラーの発電量が大きいときには室温が上昇しますし、陰ってる時は発電量が減りますが温度上昇は低いので、だいたい想定通りの結果になりました。

 

キャンプ場のチェックインは13時にすることが多いので、そこから稼働したとすると19時で切れてしまいますので、夜間の使用ができません。

150Ahと100Ahのポタ電を併用すれば使用時間は倍になるので朝には空っぽでしょうから、真夏の連泊はソーラーがあっても、エアコンを使う前提なら電源サイトでないと厳しいですね。

秋の昼間暑くて夜涼しいような時期であれば、サブバッテリーのみでの運用もできるかもしれません。

 

 

【ZIL快適化】後部ドライブレコーダー用 シガーソケットの追加(修正)

以前に追加した二段ベッド下段のシガーソケットの配線が汚かったので、部品を入手して修正しました。

leek2-301.hatenablog.com

 

プライムデーに購入はしていたこいつを取付け用としたのですが、、、、、。

 

取り付けしようとしたところ、ソケットの深さに対して壁の厚みが足りず、埋め込む事が出来ませんでした。 こいつは別のところに使用することにします。

 

 仕方がないので、こちらを買い直して修正しました。

 

ソケットはベッド上の棚のしたに設置。

f:id:nagasawa0129:20210723231143j:plain

 

増設ソケットは1つなので、スイッチ付きのこいつで分配します。 

ソケットは棚の中に入れました。

f:id:nagasawa0129:20210723231203j:plain

 

スイッチは棚の端っこに設置。

f:id:nagasawa0129:20210723231219j:plain

下段は主に嫁さんが使用するので、苦情があれば改修します。

サブバッテリーのみでエアコン使用時間の検証(ソーラーなし)

関東もいよいよ梅雨明けして、本格的な夏に突入しました。

最高気温も30度を超え、熱帯夜の気配も出てきました。老犬のコタローくんや暑さが苦手な嫁さんには夏キャンは厳しい時期です。

 

LEEK2の時にもポータブルエアコンを数種類試しましたが、設置条件や消費電力の問題で、結構苦労した割には成果を得られませんでした。基本的に電源サイトが前提となるような状況です。

leek2-301.hatenablog.com

 

leek2-301.hatenablog.com

 

ZILシリーズ含め、最近のVANTECH車はエアコン標準装備です。

うちでは既に電源サイトでの使用実績もあるので冷え具合については問題全くなしです。

 

今回はサブ(サブサブ)バッテリーのみでどの程度使えるのかと言う点について検証してみました。

検証時の動画はこちらにまとめました。


www.youtube.com

エアコンのみがフル稼働している状態で、約55A程度の電流が流れます。フル稼働した場合は、55A/hとなりますので、概算で200Ahリチウムでは4時間程度の使用となります。

インバータエアコンなので波に多少のブレはありますが、実測で約1時間で100Ahのためほぼ計算通りと言ってよいでしょう。

f:id:nagasawa0129:20210723224249p:plain

 

今回はエアコンの設定温度を28度に設定しています。十分冷える温度設定ですし、サブバッテリーのみでの実際の運用を考えると、現実的な線だと思います。

キャブコンの断熱性か、家庭用エアコンの性能なのかはわかりませんが、冷えと消費電力はポータブルエアコンではかなわないレベルです。(上記のスケールとはズレがあります)

f:id:nagasawa0129:20210723224457p:plain

検証の結果、設定温度には開始1時間程度で達していますが、バンクベッドと同じ高さにある室内機が設定温度に近づいたのは約2時間後です。それまではフルパワーでエアコンが稼働します。

走行中に、車両側のエアコンや、走行充電しているサブバッテリーで車内を冷やしておけば、停泊後のバッテリーの使用量はかなり削減できるでしょう。

 

なお、今回の実験は35度の車内を家庭用エアコンのみで冷やしたので、走行中の冷却やソーラー充電の併用は含まれていません。

条件によってはもう少し使用時間を延ばせると思います。

 

我が家にある1000Whや1700Whのポタ電を併用すれば、追加で200Ah分確保できるので、使用時間は+4時間です。これらのポタ電には別系等でソーラー繋げられるので更に伸ばせますね。

 

 

ソーラー併用の実験は日を改めて行いたいと思います。

参考までに440Wのソーラーでの充電量は15A程度でしたから、55A-15Aで30A。

計算上は200Ahのリチウムで6時間半程度でしょう。常に日が当たっているわけではないのでもう少し少ないとは思いますが。

【ZIL快適化】オーニングライト追加

溜まっているアイテムの取り付け。

leek2-301.hatenablog.com

 

オーニングライトの増設です。

ZILシリーズは純正でエントランス上部にセンサー式のオーニングライトが付いています。十分明るいのですが、センサー式なので動きがないと消灯してしまうのと、後部付近が若干暗くなってしまうので、追加で取り付けました。

f:id:nagasawa0129:20210718212703j:plain

 

色々な種類出てますが、タイムセールで安かったのでこちらをチョイス。エントランス部と同形状のもあったのですが、価格が若干高かったので壊れたら買い直せばいいか、という短絡的な理由です。 

 

追加したのは写真の通り、キッチンの窓横です。車内の位置としてはワードローブの裏側あたりになります。

高さは純正と合わせるため、サイドオーニングの若干下となります。

 

電源ラインは独立したラインを引くのではなく、純正のオーニングライトから取得しました。8Wなので、1A以下となり影響はほぼないでしょう。

私の車両では青黒の配線でした。これを分岐してます。

f:id:nagasawa0129:20210718213828j:plain

 

単純に分岐するだけだと外部照明のスイッチを入れている間はつきっぱなしになるので、リモコンでON/OFF出来るようにしました。

 

 

スイッチONで純正のみON、追加分はリモコンで必要に応じてON/OFF。スイッチOFFで一緒にOFF。点灯状態は記憶されず、都度ONにする必要はありますが、誤って点灯したまま走行することもないので、私の使い方ではこれで問題なしです。 

f:id:nagasawa0129:20210718214556j:plain

上の写真消灯時。

f:id:nagasawa0129:20210718214707j:plain

上の写真点灯時。

 

かなり明るいため、オーニングのみの場合は他にランタンとか持って行く必要がなくなりました。

  


www.youtube.com

2021/07/17~18 ナイン・テン・ナイン オートキャンプ場

私自身海に入るのは20年ぶりくらい、娘に取っては物心ついてからは初めてになる感じですが、千葉の九十九里に行ってきました。

f:id:nagasawa0129:20210718205303j:plain

多分に漏れず、コロナの影響と言うことで、九十九里は全面遊泳禁止。通常遊泳できる海水浴場でも監視員を付けない対応らしいですが、それによる危険とコロナ感染による危険とどっちが危険か私には理解が出来ません。

f:id:nagasawa0129:20210718205353j:plain

今回はこちちらに滞在させて頂きました。隣接する海岸はコロナ関係なく遊泳禁止なので、いずれにしても泳ぐことはできませんが、波打ち際で水遊びするくらいです。

防波堤も近くにあり離岸流があります。若干引きが強い波な感じがするので、遊泳はしないようにしましょう。

 

f:id:nagasawa0129:20210718205732j:plain

滞在した2日間は快晴。最高気温31度ということでしたが、それ以上あったように感じます。

到着すると若い男性がお出迎えしてくれました。名前も告げていないのに、「○○さんですね?」と。

キャンピングカーは1台だけだったからかもしれませんが名前を特定されました。

受付はフレンドリーな対応で説明をいただきました。設備は最新とまでは行かないですが、比較的清潔に保たれており嫌な思いをすることはありませんでした。

 

f:id:nagasawa0129:20210718210209j:plain

1サイトあたりは車一台とテントorタープでギリギリなスペースです。ZILの場合はサイドオーニング出しただけでサイト一杯になります。

一般乗用車の場合もテントとタープを同時に出すことは厳しく、軽自動車であればティピー+タープ出している方もいらっしゃいました。

今回はコロナ対策なのか、市松模様的なサイトは位置だったため、前後左右は空きサイトになってましたが、完全に埋まっているときはすこし窮屈かな。

 

電源は宿泊費用に込みです。エアコン付けている状態でコーヒーメーカも使えたのでおそらく15~20AくらいまではOKなのかと思います。

 

 

 

 

道の駅に鮮魚コーナーがある情報を確認したので、夕食は鮮魚メインに考えていたのですが、残念ながら鮮魚は扱いがなく、ぐるぐるポークソーセージと近くのベイシアで購入した刺身(これも残念なことに地元産ではなかった)くらいになりました。

f:id:nagasawa0129:20210718210429j:plain

 

海岸にはほとんど人がいなかったので、かなり開放的でした。

ただ風は結構強く、波も強めです。

f:id:nagasawa0129:20210718210850j:plain

 

泳げれば尚良かったのですが、危険なのでやめておきましょう。