ハーレーを徹底的に洗車しました

暫く洗車してなかたのですが、駐車場所が自室に近くなったので、徹底的に洗車しました。

 

Before

特に酷いのが、ホイールとフロントフォーク。

駐車場所の湿気が酷いってのと、カバー掛けてるのに水が侵入するという場所だったので、気づくとサビが進行しています。

ホイールはバランスウェイトの所に雨水がたまり錆びてしまいます。

フロントフォークは数回前の車検で点サビが見つかってたのですが、ここ最近サビが酷いです。

After

見た目はキレイになりました。

メッキ部分もポリッシュかけたので光沢が復活しました。

フロントフォークもアルミサビが酷かったので磨きました。鏡面までは行きませんが、酷いサビはなくなりました。スポークも磨いてみましたが、完全に落とすにはホイール外さないと無理そう。

ミッションカバーもピカピカ。

とにかくサビが酷い

かなり頑張ってサビを落としたけど、ホイールとフロントフォークのサビがどうやっても落ちませんでした。

 

ホイールとフロントフォークの薄めのさびは落ちて面積は小さくなったものの、かなり奥底まで浸食しているようで完全に落としきることが出来ませんでした。

表面のサビを落として、サビ除去のケミカルを盛ってみましたが効果はいまいち

 

 

かなり深追いしてサビ落としをしていると、インナーチューブのオイルシールのカバー(?)がかなり奥までサビが進行しているのが判明。

サビを取っていくと、裏側からも水が浸入しているようで、サビを除去していくと大穴ができました。とりあえずサビ転換剤でサビの進行を止めて、赤さびはなくなりました。

完全に乾燥させてからアルミテープで水の浸入を防いで様子見。車検の時にメカニックに相談してみます。

 

水はインナーチューブの隙間から浸入しているのか、サビ部分から侵入しているのかわかりませんが、完全に内部から朽ちている状態です。

この錆びているキャップっぽいものは圧着されているようなので、単独で部品がでるのかは不明。出たとしてもフロントフォーク外さないと交換出来なさそう。

 

日本車だと数年野ざらし放置しても極端なサビってなかったんですが、アメ車はカバーかけててもこの状態。メッキは強いと言われてますが、日本車に比べると弱いですね。

 

ZIL520の1年点検とGR86の試乗

GWの影響もあって先送りにしていたZIL520の1年点検、日曜に行ってきました。

トヨタで見てもらったのはベース車両部分だけで、架装部分は修理も兼ねて来月VANTECHにみてもらう予定です。

オイルとフィルタ交換はしてもらったばかりなので、12ヶ月点検項目のみです。

 

基本点検項目のみでトータルで34100円でした。外回りだけですが洗車もしてもらえました。ラッキー♪

 

で、結構待ち時間ながかったので、GR86(SZグレード6MT)の試乗もしてきました。中々乗りやすく足回りもかなりしなやかです。2400ccなのでトルクもたっぷりです。

水平対向でかなりの低重心ですね。メンテはしにくそう。

担当営業さんが見積もりを出させてくださいというので、RZとSZで出してもらいました。

思っていたより定価が安く(と言っても300万超)、諸経費込み値引きなしで400万前後になりました。話の流れでRZグレードも再来週試乗してきます。

 

セリカには愛着がありすぎて、乗り換えは心の踏ん切りが付きませんが、故障が頻発しているので悩んでます。娘はセリカを直して乗ってて欲しいみたいです。

 

 

 

大渋滞にはまった結果の燃費

GWは3年ぶりの制約なしの連休だったこともあり、外出すればどこも大渋滞。

後半に出かけたIDEBOKは行きも帰りも大渋滞にハマリ、走行距離の割にはエンジンをかけている時間がかなり長くなってしまいました。

 

その上帰りの天気はかなりの快晴だったので、窓を開けるだけでは暑く今季初めてエアコンも使用しました。

走行距離373.1km、給油量は46.49L。燃費は8.02km/Lでした。

 

過去最悪の酷い燃費をたたき出すと思ったんですが、以外にもそれほど悪い結果ではありませんでした。

良くもありませんが、平均的な燃費です。

 

 

バイクの軽自動車税キタ━(・∀・)━!!!!

悪魔からの手紙第二弾

 

バイク2台分の軽自動車税です。

ハーレー6000円とEV原付2000円。計8000円

 

今年はハーレーが車検なので、現金で払わないと区役所に納税証明書を取りに行く羽目になります。前回知らずに電子納税して痛い目に合いました。

 

ハーレーは今年で11年目、5回目の車検です。乗る機会も少なく走行少なめ。

健康診断

今日は自社の健康診断です。

「健康診断」のイラスト文字

と、言っても妻と自分の2人だけですが、区内の会場に行ってきます。

 

ここ数年、肝臓の数値と血糖値が高く投薬しており、昨年の検査では数値は良い方向に向かっていたのですが、最近不摂生が続いているので今年の数値は悪くなると思います。

 

何より一番気がかりなのは、血管が細く肌も白いので、毎度血管が見つからず採血に失敗することが多く、長時間の上腕圧迫により貧血を起こします。

注射を受ける男性のイラスト

上手な看護師さんに当たるとすぐに終わるのですが、さて今年はどうなるか。。。

 

 

2022/05/13午後追記

今年の看護師さんは当たりでした。去年は血管貫通されましたが、今年は一発でした。

ちなみに視力は両眼1.0。去年は右目が1.5だったので若干悪化しました。

 

連休の道路走行

連休になると出没するサンデードライバーよりも車を運転する機会が少ない方。

交通が特殊な流れ方するので、「あぁ、連休だなぁ」と実感します。漫然と追い越し車線を走り続けたり、車線変更を繰り返してどんどん後ろに下がっていく車など、、、

 

レンタカー

ここ数年、格安レンタカーやカーシェアの影響か、街中でレンタカーを見かけることが増えました。このGWは各地でレンタカー不足が発生するという今まで聞いたことのないような事態も発生していたようです。

レンタカーの店舗のイラスト

普段運転しないことに加えて、車幅感覚がほとんどない状態なので、なるべく近寄らないようにはしていますが、先日GWで渋滞にはまって動かないときに廻りを見渡すと、「わ」ナンバーの集団に囲まれていました。

レンタカーだけではありませんが、追い越し車線にいる割合が高かったです。

 

一番早い走行レーン

私は面倒くさいので第一車線を走り続けますが、一番早いのはSA/PAの入口、ICの出口までは第一車線、SA/PAの出口、IC入口、JCT合流付近では第二車線を走るのが一番早いと思います。

首都高だと追い越しが一番早い場合もありますし、道路によって特徴はあるので一概には言えないですけどね。

 

高速バスは一番早いルートを共有しているので、高速バスの後ろを走るってのもあるそうですが、彼らは登坂車線を使って左から抜いていくということも平気でするので好きではありません。

渋滞してればバイクが脇を抜けてきますし、車線変更自体がリスクなので、渋滞中は車線キープするのが一番安全です。

 

それにキャンピングカーだと不思議と渋滞が気にならないので、いつもノンビリ走ってます。

いずれにしても安全運転で参りましょう。

 

新型セリカ

オーストラリアのメディアが予想図を公開しました。

car-moby.jp

 

昨年ベストカーでも出てましたが、いずれもあまり好きなデザインではないです。

bestcarweb.jp

 

どちらもトヨタの公式発表ではないので、あくまで想像図ですが。。。

 

北米で”CELICA"の商標が登録された。というのはずいぶん前になんかの記事で見た記憶があります。たしかMR2だったかも登録されていたんじゃなかったかな。

この間のトヨタの発表会でMRっぽいEVカーが発表されていましたが、セリカはエンジンカーで発売してくれるのだろうか。EVだったらうれしくないな。

 

もし乗り換えるなら、恐らく人生で最後のスポーツカーになるだろうから、妥協はしたくないな。

GRモデルがでるならそれを選択したいし、MTは必須。

 

あとは価格だけど、登場時期によってはハイブリッドにせざるを得ないだろうし、先進機器も満載だろうから、GRヤリスが450万ってことは、500万は下らないでしょう。

 

今のZZTが高額で売れるわけないので、現実乗り換えは厳しい。

ZZTはコンセプトカー(XYR)のフォルムほとんどそのまま出てきたので、かなり気に入っているんですけどね。23年も乗ってますし、最早自分の手足と同じです。

 

いずれにしても楽しみではあります。