ZIL520 & GR86

主に車関連、キャンピングカー関連のカスタマイズ、日々の出来事を書いて参ります。

ネッククーラー

ここ数年の夏の暑さは殺人的ですね。

 

ノアの散歩に暑い時間帯を避けて朝晩行くときにも、これまではクビに28度で凍結するネッククーラを巻いて出かけてました。

冷蔵庫から出した直後は冷たいけど、外出時に使用しても28度をキープしてくれるようなものではないので、すぐにぬるくなってしまいます。

所詮は”28度で凍結するだけ”のものであって、28度をキープしてくれるような魔法のアイテムではありません。

 

あまり役に立たなかったので、ペルチェ素子搭載のネッククーラーを購入することにしました。

 

ペルチェは小型冷蔵庫に使用されていることが多いですが、電力を多量に食うのと、あくまで熱の移動しかしないので、奪った熱の冷却が必要なのであまり冷えないのでは?と躊躇していました。

種類は色々あって、素子が2つで残りはファンで送風してくれるもの、ファンだけの物、素子だけの物。

購入したのは素子だけの物、ファンはあくまで素子の冷却のみです。

 

この機種はColdとHot両方で使用出来ます。極性を変えるだけなので構造はシンプルなんでしょう。

同梱物は本体とUSBケーブル。あとは説明書ですが、全部英語でした。スイッチは1つしかないので困ることはないでしょう。

簡単な充電量表示と温度設定のLCDがあります.ボタンは1つ。CがColdでHがホット。

シンプルです。

 

温度は15度、20度、25度の設定ができますが、実際使ってみると首筋の動脈を冷やしてくれるのでかなり冷感を体感でき、中々涼しさを感じることができました。

 

それなりにファンの音はしますが気になるほどではないので、電車内で使えないこともないかな。レベルです。

屋外で使用する分にはファンの音は全く気になりませんでした。

 

バッテリの持ちは3500mAhのバッテリが搭載されていますが、25度設定で30分ほど外出しただけで55%まで減っていました。連続運転は1時間ちょっとくらいでしょうか。

またバッテリが切れると熱を持ったペルチェが容赦なくプレートを熱してくれるので逆に熱いです。

 

メーカーは推奨していないようですが、購入した機種はパススルー使用ができるので、モバイルバッテリーを持っていけば使用時間を延長することができます。

あとは直射日光が当たるような環境で使用すると、放熱が間に合わず冷却性能が発揮されないですね。

仕組み上仕方ないです。