ZIL520 & GR86

主に車関連、キャンピングカー関連のカスタマイズ、日々の出来事を書いて参ります。

【修理】ソーラー切替スイッチ交換

先週おでかけした時、帰り際にソーラーをサブサブのリチウムに切り替えようとしたところ、切り替えスイッチが固く、切り替えてもリチウム側に充電されませんでした。 壊れてしまったようです。

 

※ちょっと前に投稿したものに誤りがあったので訂正して投稿します。

leek2-301.hatenablog.com

 

同じ部品を買ってきたのですが、スイッチの定格が12V12Aだったので、ソーラーの切り替えとして使用するのは定格オーバーになるため、スイッチ変更しました。 

もう少し小さいものが良かったのですが、容量を考えると仕方ないですね。

 

取り付けはこんな感じです。

f:id:nagasawa0129:20210812130906j:plain

 

鉛とリチウムの切替がそれぞれ行えるのと、両方のバッテリ(コントローラ)を並列にすることもできます。

どちらもMPPTコントローラで制御しているので、電力追従している時に並列にしてしまうと電力の奪い合いになってしまい、正しい充電がなされないと思うので通常はどちらか一方のみに流すようにします。

 

恐らく(個人的な見解)ですが、動きを見ている限り、ほぼフル充電であれば電力の奪い合いには至らず、微少な充電が並列に行われているようです。

フル充電の場合は、そもそもコントローラが充電止めてしまうので、平日の車両を動かさない状態であれば並列にしておいても問題ないかも知れません。

 

苦労したのはスイッチを取り付けてしまうと、棚の裏板がはめにくくなってしまうこと。ちょっと大変でした。